英検1級のスピーキングをブログで対策してみる 教育③

Scroll down to content

この記事は過去のブログで執筆した記事(2017/6/12)を一部加筆修正して掲載しています。筆者は2016年度第3回英検一次筆記試験通過も二次スピーキングで不合格の後に、2017年度第1回英検で合格しています。過去のブログは、そのスピーキング対策の過程でアウトプットのために使用していました。なお、記事内の賛成反対意見等の記述は、あくまで個人的な意見、または「二次試験で(仮に試験官に深掘りされたとしても)答えやすいか」の観点で記述したものです。これから英検1級を受験する方の参考になるかもしれないと思い、こちらのサイトでも不定期で公開してみます。

⑥Should corporal punishment be banned in schools?(学校で体罰は禁止されるべきか)

当然禁止されるべきだと決めつけたくなるが、一応体罰のメリット・デメリットを考えよう。

メリット

・抑止力になる(deterrence)

・効果的に教訓を教えることができる(teaching lessons effectively)

デメリット

・生徒に精神的外傷(traumatic injuriy)を与える

・生徒に身体的外傷(physical injuriy)を与える

・反社会的な振る舞い(unti social behavior)で生徒に悪影響を与える

上のデメリットは勉強にも悪影響を与える。デメリットの方が大きい。秩序が保たれると言うアーギュメントには、3つ目のデメリットを繰り返して反論する。世界のほとんどの国では体罰が禁止されているという事実も押さえておく。

⑦What are the cause of juvenile delinquency?(青少年の非行の原因は何か)/What are countermeasures for juvenile delinquency?(青少年の非行への解決策は何か)

原因

・暴力的・性的(violencesexual)なシーンをながすTV等のメディア

・学力を過剰に重視する(put too much weight on academic skill)現行の教育制度

・親の愛情不足(lack of parents’ affection)

いずれの理由も「環境」が原因で、子供はその環境から来るネガティブな感情を解放するために非行に走るといえる。

解決策

・暴力的・性的なシーンを規制し、道徳的(humaine)な内容を放送する

・親が子供に十分な(plenty)愛情を与える

・道徳教育(moral eduction)の拡充を進める

・子供を精神的にサポートする組織を作る(make organizations that support children)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: